fbpx

Loading...

おすすめな理由

プロテインスープが

The Role of Protein

プロテインの役割

美肌のコラーゲン

美肌のコラーゲン
身体のたんぱく質の30%を占めるコラーゲンは、お肌や軟骨、血管などの役割をしています。皮膚のハリや弾力、クッション性を保つ役割があると考えられており、美容に欠かせないたんぱく質の栄養成分のひとつです。

美髪のケラチン

美髪のケラチン
髪の99%が、ケラチンというタンパク質です。育毛や発毛にはタンパク質が必要不可欠で、タンパク質が不足すると薄毛の原因になります。また、アミノ酸のチロシンを摂取することで白髪予防や改善に期待ができると考えられています。

幸せホルモン

幸せホルモン
イライラ予防などメンタルを落ち着かせる神経伝達物質“幸せホルモン”として知られるセロトニン。 セロトニンを摂ることで精神が安定して幸福感を得やすくなることで、食べ過ぎの抑制効果も期待されるたんぱく質のひとつです。

Which Type?

あなたはどのタイプ?

プロテイントレーニング

TRAINNIG

定期的なトレーニングを行っている方で、乳糖不耐症でなければホエイプロテインがおすすめです。

詳しくみる >
プロテインダイエット

DIET

ダイエット目的の方は、筋力をつけるのが優先。筋肉がない方はホエイプロテインがおすすめです。

詳しくみる >
プロテイン美容

BEAUTY

美容目的の方には、女性にうれしいソイプロテインが断然おすすめです。

詳しくみる >
プロテインエイジング

AGING

エイジングケアにはイソフラボンのとれるソイプロテインがおすすめです。

詳しくみる >

Why SoyProtein?

なぜ、ソイプロテイン?

戦後並!タンパク質摂取量

戦後並!タンパク質摂取量

朝食のたんぱく質不足率

朝食のたんぱく質不足率

乳糖不耐症の割合

乳糖不耐症の割合

たんぱく質摂取不足
戦後並

現代日本人のタンパク質摂取量は、1995年をピークに30年近く減少傾向にあります。たんぱく質は元気の源、“失われた30年”は、たんぱく質不足の30年で日本人の体力がなくなったのが原因かもしれません。

小野寺沙恵

■1日のタンパク質摂取量の推移

出典 1947~1993年:国民栄養の現状, 1994~2002年:
国民栄養調査, 2003年以降:国民健康・栄養調査(厚生省/厚生労働省)

朝食たんぱく質不足
90%

現代人女性の90%が朝に十分なタンパク質を摂れていません。夕食では多くの人がたんぱく質を摂れていますが、朝食のたんぱく質不足は健康な身体つくりに悪影響が出る可能性があります。

もっと詳しく >
1食あたりのたんぱく質摂取量が20g未満の者の割合

■ 1食あたりのたんぱく質摂取量が20g未満の者の割合

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の調べ 2012年

乳糖不耐症比率
80%

アジア人の多くが乳糖不耐症ということはあまり知られていません。販売されているプロテインの9割はホエイプロテインだと言われています。多くの日本人にはホエイプロテインが合わない可能性があります。

もっと詳しく >
■乳糖不耐の有症率マップ(概略図)

■乳糖不耐の有症率マップ(概略図)

Food Intolerance Network

Good Points
of SoySoup

なぜ、ソイプロテインスープ

詳しく >
食事と一緒に摂れるプロテインスープ

食事と一緒に摂れる

温めて飲めるプロテインスープ

温めて飲める

女性にうれしいプロテインスープ

女性にうれしい

食事と一緒にとって
栄養UP

ビタミンやミネラルは脂質や、糖質と一緒に摂ることや咀嚼することで吸収率が高まります。色んな栄養成分が入っていてもプロテインを飲むだけでは、十分に栄養が吸収できない場合があります。

■ニンジンを食べた場合の血中β-カロテン※量

■ニンジンを食べた場合の血中β-カロテン※量

〈参考:Takeda.S et al.J Nutr Sci Vitaminol. 57:209-15.2011より改変〉

温めて飲んで
代謝UP

温かい飲み物を飲むことで身体が温まります。冷たい飲み物の飲み過ぎは身体を冷やし、代謝を下げてしまう場合があるので、冷え性が気になる女性はホットプロテインなど、温めて飲むのがおすすめです。

■心拍数変化量

■心拍数変化量

※栄養学雑誌 Vol.71 No.2 49-58(2013)

イソフラボンで
骨密度UP

女性に嬉しいイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることが知られています。40代以降の女性ホルモンの低下など、大豆イソフラボンは忙しい女性をサポートする栄養素として重宝されています。

■閉経後女性のイソフラボン摂取による腰椎の骨密度の変化

■閉経後女性のイソフラボン摂取による腰椎の骨密度の変化

Somekawa et al. Obstetrics&Gynecology
Vol.97, No.1, Jan 2001, pp109-115 から作成

How many
Protein?

どれぐらい摂ればいい?

自分の体重×
1.2g~1.5g

よく「たんぱく質は体重×1gとりましょう。」と言われますが、この量は必須量です。トレーニングをしてなくても、通勤通学など一般的な生活をしている人は、体重×1.2g~1.5g程度のたんぱく質を摂るようにしましょう。

もっと詳しく >
■タンパク質の目標摂取量(g/日)(非妊婦、非授乳婦)

■タンパク質の目標摂取量(g/日)
(非妊婦、非授乳婦)

※厚生労働省日本人の食事摂取基準(2020 年版)から作成

ゴールデンタイムより
3食たべる

プロテインというとトレーニング後の摂取が注目されますが、筋肉を作るにはトレーニング後よりも、朝食を含めた3食しっかりとることが重要です。空腹になると筋肉など身体のたんぱく質が消費されます。

もっと詳しく >
医師監修・医師共同開発

Aging Care

エイジングケアにプロテインスープ

たんぱく質吸収率
40

たんぱく質は、消化・吸収されることで、はじめて体内で活用されるようになります。酵素活性が落ちることで、十分な量のたんぱく質を摂取していたとしても、たんぱく質不足になる場合があります。 40歳以降になると、消化酵素の活性が急激に減少することがわかっています。これを改善するには、若い頃よりもたくさんの量を摂取することが大切です。

■■年代別消化酵素活性変化

■■年代別消化酵素活性変化

「食生活と栄養の百科事典」丸善(株)/「Meyer&Necheles」

骨・間接

骨・間接

免疫力

免疫力

ドーパミン

ドーパミン

Let's Happy Life!

たんぱく質は、エイジングケアにも欠かせない栄養素です。
健康な生活のためにしっかり、たんぱく質を摂りましょう。

SHOP

定期販売はショップからお求めいただけます

オンラインショップ >

お得な定期販売はこちら

オンラインショップ >

LINE友達登録

初回20%OFFクーポンプレゼント中!

友だち追加

MEDIA

多くのメディア等でご紹介いただいています

5
13
20
9
12
4